カート

ログイン

会員登録

検索

メニュー

閉じる

本当に喜ばれる梨ギフトを贈ろう!選ぶときのポイントやおすすめ品種

本当に喜ばれる梨ギフトを贈ろう!選ぶときのポイントやおすすめ品種

贈り物に果物を贈りたい時、梨を贈るのはいかがでしょうか?夏の終りから秋にかけて旬を迎える梨は、まだ暑さが続く時期の贈り物にぴったりです。この記事では、梨を贈る時のポイントや、おすすめの品種をご紹介します。

梨の旬は8月から10月!

品種にもよりますが、梨の旬は8月から10月です。お中元には間に合いませんが、秋を感じるギフトを贈りたいときにはぴったりでしょう。

内祝いなどのお祝いごとのプレゼントにもおすすめです。

旬の時期で選ぶ!梨の代表品種

新甘泉(しんかんせん)|8月下旬から9月上旬

新甘泉(しんかんせん)|8月下旬から9月上旬

あきづき|9月上旬から10月下旬

中生品種で贈り物におすすめな梨は「あきづき」です。

主な産地は千葉県、熊本県ですが、新潟県でも栽培されています。酸味が控えめな赤梨で、強い甘みが特徴です。秋の月のようにまん丸な見た目なので、季節感も楽しめるでしょう。

愛宕(あたご)|11月下旬から2月頃

晩生品種で贈り物におすすめな梨は「愛宕」です。

主に岡山県で栽培されている愛宕は、なしの中でもかなり大玉でインパクトがあります。梨特有のシャキシャキ感と甘さを兼ね備え、果汁も豊富です。日持ちする品種なので、ゆっくり味わえるのも嬉しいポイントですね。

旬の時期以外に、梨を贈りたい!さてどうする?

梨の時期ではないけれど、どうしても梨のギフトを贈りたい!こんな時、どうしたらいいのでしょうか。

ここからは、旬の時期以外にも贈れる梨ギフトをご紹介します。

梨ゼリー

フレッシュな梨を使用した梨ゼリーはいかがでしょうか。

冷やして食べれば夏の暑い時期にぴったりです。生の梨に比べ賞味期限も長いので、タイミングをあまり気にせず贈れるでしょう。

梨ジュース

梨果汁100%の、贅沢な梨ジュースもおすすめです。

ジュースなら日常生活で気軽に飲めますし、お子さんにも喜ばれるでしょう。果汁100%なら、梨本来のフレッシュさも味わえます。

梨ドレッシング

ちょっと珍しい贈り物として、梨ドレッシングはいかがでしょうか。

梨が大好きな人なら、食事にも梨を取り入れたいと思う方もいるかもしれません。そんな方への贈り物には梨ドレッシングがおすすめです。サラダにかけてさっぱりと食べられるでしょう。

贈り物として最適な梨を選ぶポイント・注意点は?

実際に梨を贈る時は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。梨を贈る際のポイント、注意点などをご紹介します。

安全性に配慮する

梨を贈る際のポイント1つ目は、安全性に配慮することです。

梨などの果物を食べると、アレルギー反応が出る方もいるかもしれません。贈る相手の健康状態やアレルギーなども、事前に確認しておきましょう。

糖度・等級に着目する

梨を贈る際のポイント2つ目は、糖度・等級に着目することです。

せっかくなら甘い梨を食べてもらいたいですよね。等級が高い梨は、自分ではなかなか購入しませんし、贈り物でもらえたら嬉しいはずです。贈り物なら、形がよく傷が少ない「秀品」を贈るといいでしょう。

自分や贈り先に縁のある産地で選ぶ

梨を贈るときのポイント3つ目は、自分や送り先に縁のある産地で選ぶことです。

贈る相手の出身地や学生時代に過ごした場所で採れた梨なら、開けた時に懐かしい気持ちになるかもしれません。それ以外にも何か縁がある産地を選べば、受け取った側は「自分のことをわかってくれている」と嬉しくなるはずです。

費用相場はだいたい4,000円から6,000円くらい

梨を贈るときのポイント4つ目は、予算にも配慮することです。

梨ギフトは、だいたい4,000円から6,000円ほどで販売されています。友人や家族などの親しい間柄であれば4,000円程度、上司やお世話になった人に贈るなら5,000円程度と、予算をわけるのもおすすめです。

配送のタイミング的な話

梨を贈るときのポイント5つ目は、配送のタイミングに気をつけることです。

生の果物である梨を贈る時は、賞味期限を気にする必要があります。長期間不在にして受け取れないときに贈るのは避けましょう。いつ頃なら贈っても迷惑ではないか、事前にタイミングを確認するのが大切です。相手のことを考えた行動をとることで、贈られる側も喜んでくれるでしょう。

まとめ

梨は夏の終わりから秋にかけてのギフトにおすすめです。梨をギフトで贈る際は、安全性や等級、費用や配送のタイミングなどに注意しましょう。

8月から10月にかけて旬を迎える梨は、時期ごとにさまざまな品種が出回ります。贈るタイミングで旬を迎える品種を選べば、美味しい梨を更に美味しく食べてもらえるでしょう。

一覧へ