カート

ログイン

会員登録

検索

メニュー

閉じる

「枝豆を食べ過ぎたらどうなる?食べ過ぎによる体への影響と、適切な量の摂り方」

「枝豆を食べ過ぎたらどうなる?食べ過ぎによる体への影響と、適切な量の摂り方」

枝豆を食べ過ぎるとどうなる?

まず、枝豆を食べすぎるとおこる体の症状について解説します。枝豆を食べすぎると下記のような症状がおこる可能性があります。

下痢や腹痛を引き起こす

枝豆は食物繊維が含まれているので、食べすぎると消化不良になったり、下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。適量食べる分には腸内環境を整えてくれますが、1日にたくさん食べるとデメリットになるので注意が必要です。

カロリーオーバーになる

枝豆は他の野菜に比べるとカロリーが高めなので、たくさん食べるとカロリーオーバーになります。

栄養が偏る

枝豆には栄養がたくさん含まれていますが、全ての栄養を補えるわけではありません。枝豆だけ食べ続けると栄養が偏ってしまうリスクがあるので、バランスよく食べることを心がけましょう。

吐き気がおこる

枝豆をたくさん食べると消化不良を引き起こし、吐き気がおこることがあります。最悪の場合、胃痛に苦しむケースもあります。

枝豆の適切な量とは?

枝豆は1日にどの程度食べれば良いか適切な量は決まっていませんが、大体100g程度食べるのが良いとされています。程よい塩味で枝豆はついつい食べ過ぎてしまいますが、たくさん食べるとデメリットが多いので注意しましょう。

枝豆に含まれる栄養は?

ここでは、枝豆に含まれる栄養について解説します。


カリウム

カリウムは、体内の余分な塩分を体の外に出してくれる栄養素です。塩分の摂り過ぎによっておこる体のむくみを和らげてくれます。健康はもちろん、美容を意識したい人におすすめの栄養素です。また、高血圧の予防にもなります。

イソフラボン

イソフラボンは、美肌効果が期待できる栄養素です。コラーゲンを増やしてハリを保つ働きがあります。サプリメントで摂取できる栄養素ですが、枝豆を食べれば他の栄養と一緒に摂取できます。

タンパク質

タンパク質は、髪や爪、筋肉などの構成に必要な栄養素です。子供が成長するのに必要なだけでなく、脳の活動にも必要な栄養素です。ただし、たくさんタンパク質を取りすぎるとカロリーオーバーしてしまうので注意が必要です。

ビタミンB1

ビタミンB1は、疲労回復効果が期待できる栄養素です。もし、ビタミンB1が不足すると疲労が蓄積したり、食欲がなくなることがあります。

メチオニン

メチオニンは、免疫機能をアップさせたり、肝臓の働きをサポートしてくれる効果が期待できます。他にも肌のツヤやハリをアップさせてくれます。不足すると髪の毛が抜けやすくなったり、むくみやすくなります。

枝豆をたくさん食べるとおきるデメリット

ここでは、枝豆をたくさん食べるデメリットを解説します。

塩分の取り過ぎ

枝豆は塩茹して食べたり、上から塩をふって食べる方が多いと思います。しかし、たくさん食べすぎると塩分過多になってしまいます。塩分を摂りすぎると高血圧になるので注意が必要です。枝豆を食べる場合は、できるだけ塩をかけすぎないようにしましょう。

身体に影響が出る

「枝豆を食べ過ぎるとどうなる?」の見出しでも解説しましたが枝豆は食べすぎると、消化不良や下痢、吐き気などの症状を引き起こします。また、枝豆に含まれる「プリン体」によって痛風になってしまうこともあります。痛風は1度なってしまうと1〜2週間は治療が必要になります。

せっかく栄養が豊富な野菜でも、食べすぎるとデメリットの方が多くなるので注意しましょう。

まとめ

今回は、枝豆を食べ過ぎた時におこる症状とデメリットについて解説しました。成長に必要なタンパク質や疲労回復を助けてくれるビタミンB1など、豊富な栄養がある枝豆は美容や健康にピッタリの野菜です。しかし、食べすぎると消化不良や下痢、痛風などの病気を引き起こす可能性があるので注意が必要です。枝豆を食べる時は薄味で適量を心がけましょう。記事を参考に美味しく枝豆を食べてみてください。

一覧へ